おいしいいれ方
ミルクティー
ミルクティー・ティーカップ2杯分
ミルクティー向きの茶葉
6g~
(ディンブラNo.11、アッサムNo.78、ウバ、MTBなど)
お湯
牛乳
蒸らし時間
300cc
お好みの量
5~6分
葉々屋での基本の分量です 茶葉や蒸らす時間を加減しながら
自分に合った味わいを見つけて下さい!
紅茶には
汲みたての水を
しっかり沸騰させた
新鮮なお湯を使いましょう
日本の水は軟水なので
浄水器を通した水道水でも
充分おいしく淹れることが出来ます
1
やかんでお湯を沸かし、ポットやカップ
ミルクピッチャーに湯を注ぎ温めておきます
2
茶器ををあたためずに冷たいまま使うと
せっかく沸騰したお湯で紅茶をいれてもすぐに冷めてしまい
良い温度を保てず美味しくはいりません これ、ほんと
目安として
ディンブラ・小盛り2杯
ミルクティーブレンド・中盛り2杯
アッサム・山盛り2杯
注:使うスプーンによります
3
温めておいたポットのお湯をきっちり抜き、茶葉を入れ
しゅんしゅん沸いたお湯を一気に注ぎふたをして蒸らします
・・・と、その前にやかんのチェック!
お湯はちゃんと沸騰していますか?
ぼこぼこ大きな泡が立っていますか?
じーっくり5~6分蒸らします
4
紅茶を蒸らしている間にピッチャーにミルクを入れ
手なべやボウル(大きめのカップなどでも)に
お湯を張り人肌ぐらいの温度にします
温まったら取り出します
冷蔵庫から出して間もない冷たいミルクを使うと
ぬるいミルクティーになってしまいがっかりします
常温がいちばん良いのですが用意に時間がかかります
牛乳は温めすぎるといやなにおいがしたり
細かい脂肪分が浮かんで紅茶の風味を損ねることがあるので
火にかけたりレンジを使う時は温めすぎに注意してください
ほんのりあたたかいくらいがちょうど良いかと思います
5
注:上から見ています
時間がきたら、ポットの中をスプーンで軽く混ぜます
混ぜることにより紅茶の上下の濃度を均一にします
6
茶こしを使ってカップに注ぎ分けてミルクをたっぷり加えます
お好みですが砂糖を加えるとバランス良く味がまとまりますす
この季節
ミルクティーに
おすすめの茶葉は
こちら